岡三RSSが機能拡充された。が、・・・

4本値(分足や日足)や歩値などのデータを岡三RSSから取り込む際に、
更新途中の中途半端な状態のデータを取り込んでしまう問題。
以前『Excelシステムの限界か?読み取り一貫性の問題』で紹介した、

2021年1月23日の岡三RSS機能拡充にて、一部の関数において、この問題が解消された。
一つのセルの中に、カンマ区切りで必要なデータを全て出力することにより、この問題を解消した。
なかなかいいアイデアだと思う。

ただ、残念なことに、先物では、4本値データは対応したが、歩値は対応外となっている。
株式の歩値は対応したようだが・・・

4本値データでは、この問題の回避策があり、以前紹介した。
回避策のない歩値こそ対応して欲しかったのだが・・・
今後に期待している。

せっかくなので、4本値データの取り込みプログラムを改造した。
おかげで、プログラムが少しスッキリした。
また、Excelファイルも足種別ごとに別々のシートにしていたものを、1つのシートにまとめスッキリさせた。

注意しなければならないところは、
0時丁度のデータを取り込む際、時刻データが、「00:00:00」とならず「0」となること。
日足の場合は0となる旨仕様書に記載されているが、1分足も5分足もそうなっている。
「0」の時の処理は日足を取り込む際に必要なので、問題ないが。
下図はミニ1分足の例。23時59分と0時1分の間のデータが「0」となっている。

2020年4月11日の改修版で、メモリ使用量の増大問題も解決し、乱高下相場でも岡三RSSがフリーズしなくなった。
(こちらの記事、『岡三RSSのフリーズ対策(その3)』)
そして、今回の機能拡充で一部の関数ではあるが、データの整合性問題を解消した。

岡三RSS、ホントいいツールに育ってきている。
岡三オンライン証券さんにはこれからも頑張って欲しい。

<広告>

TOP